過去の例から学ぶこと

私達人間が過去の失敗から学ぶことは非常に大きく、それはたまに取り返しの付かない失敗、であることもあります。その時の責任は誰にあるか、という点もそうですが、今後同じ過ちを絶対繰り返さないように、どのような体制づくりが行えるか、という点も重要です。B型肝炎のように、意識をしっかり保つことで感染を防げる病気であるなら、特にそれは実践されるべきである、といえます。同時に、過去にその被害に遭った人に対しての責任を取るということも当然のことです。それが命に関わるものであればあるほど、お金で解決するものではない、と思われるかもしれません。ですからこれからの時代、同じような事例を発生させないこと、これに焦点が当てられる必要があります。

感染症は、昔のものと全く同じということはあり得ません。すでに新しいウイルスの登場で、治療法の確立がそれらの出現に追いついていない状況になっています。日本においても、薬や治療法等の認可が遅いという問題点があります。それらがより良い方向へと改善されていくことによって、今では不治の病、治療法がない、とされている病気であっても、医療行為によって誰かが救われるような社会、そうなっていくことが切実に望まれます

治療法と将来的な展望

過去に事例が無いようなことは適用されることが少ないですが実際に事例があってそれに対して訴えが起こされているようなことであれば、それに対する保証を受けられる可能性も大きくなります。B型肝炎についても、実際に感染者が大勢いるからこそ保障がなされていると言えます。これは感染症ですので、もちろん感染が広がらないように対策が行われる必要があります。現代において注射器の使い回しが起こるということ99%考えられませんが、そのほかの経路によって感染することはあります。患者が、いつもB型肝炎等に関する治療をすぐに受け入れられるような体制が必要と言えますが、すでに全国的に、病院間が連携して患者を受け入れる体制が整ってきており、これからもそれは発展していくと予想されます。また、治療法も少しずつですが確立されてきており、将来的に完治する治療法が確立されることが願ってやみません。

現段階で有効な治療法としてはインターフェロン治療というものがあります。特定のタンパク質を注射によって体内に注射することによりウイルスの働きを抑制すると言う治療法です。治療には助成金もありますから、ある程度経済状況が悪くても治療を受けることができます。

B型肝炎についての詳細

給付金制度について取りあげる前に、そもそもB型肝炎とはどのような感染症なのかという点について取り上げます。B型肝炎は、インフルエンザウイルスとは異なり、空気感染では無く、主に血液感染がその感染経路となります。ですから、注射器の共用によって感染したのです。そのほかにも、輸血や入れ墨、低確率ながら、性行為や、母子感染する可能性もあります。この点において、他の感染症とは異なっています。一度B型肝炎ウイルスに感染すると、いわゆる「肝機能」が細胞が破壊されることによって衰えるほか、それが進行するとがんなどの生命に危険の生じる状態へと繋がることがあります。

肝炎にはその症状と呼べる種類がいくつかあり、急激に発症するものを『急性肝炎』、肝炎の症状が長期化するものを『慢性肝炎』、危険な症状をともなうものを『劇症肝炎』といいます。最も注意しなければならないのは、肝炎が『劇症化』したときであり、意識混濁やパニック障害など、様々な症状が見られるようになります。劇症化した肝炎は、他の症状に比べて死亡率が一気に上がります。この状態を、『高度肝機能障害』とも言います。このように、肝炎は命が関わる重大な症状に発展することがあります。

B型肝炎の給付金制度とは

過去に発生した事柄に関してその責任のもとが何らかの形で責任を取るということはありますが、実際にもそれらが過去に発生して、それによって何らかの保障手段がということがあります。中でも、やはり私達の健康に関する問題には、そういった保障がなされるべきである、といえます。実際に、過去にどのような事例があったでしょうか。その一つが、『B型肝炎』です。これは感染症の一種ですが、ある理由によって、多くの方がB型肝炎ウイルスに感染してしまったという経緯があります。それは、『医療行為』です。例えば私達が、予防接種を受けるとします。その際に用いられた注射器は、一人につき一つ使うことになり、兼用されることはありません。もし兼用されてしまえば、感染症の問題が発生するからです。しかし、実際に過去に、予防接種の実施の際、あってはならないことですが注射器が使い回され、それによって多くの方がB型肝炎ウイルスに感染してしまった、という経緯があります。この責任はどこにあるか、それは明白なことですから、実際に感染してしまった人に対して、国が『保障』を実施しています。(参考リンク⇒B型肝炎弁護士に相談)

過去の事例に関してお金で解決することが出来るのかどうか、という点についてはひとまず置いておきますが、実際に自分がB型肝炎に感染していないかどうか、どのようにして知ることができるのでしょうか。また、感染していた場合は、どのような形で給付金の請求が行えるのでしょうか。