B型肝炎の給付金制度とは

過去に発生した事柄に関してその責任のもとが何らかの形で責任を取るということはありますが、実際にもそれらが過去に発生して、それによって何らかの保障手段がということがあります。中でも、やはり私達の健康に関する問題には、そういった保障がなされるべきである、といえます。実際に、過去にどのような事例があったでしょうか。その一つが、『B型肝炎』です。これは感染症の一種ですが、ある理由によって、多くの方がB型肝炎ウイルスに感染してしまったという経緯があります。それは、『医療行為』です。例えば私達が、予防接種を受けるとします。その際に用いられた注射器は、一人につき一つ使うことになり、兼用されることはありません。もし兼用されてしまえば、感染症の問題が発生するからです。しかし、実際に過去に、予防接種の実施の際、あってはならないことですが注射器が使い回され、それによって多くの方がB型肝炎ウイルスに感染してしまった、という経緯があります。この責任はどこにあるか、それは明白なことですから、実際に感染してしまった人に対して、国が『保障』を実施しています。

過去の事例に関してお金で解決することが出来るのかどうか、という点についてはひとまず置いておきますが、実際に自分がB型肝炎に感染していないかどうか、どのようにして知ることができるのでしょうか。また、感染していた場合は、どのような形で給付金の請求が行えるのでしょうか。